公認クラブ(津島)

 

六月祭

【重要なお知らせ】

 新型コロナウイルスの影響により、掲載している行事の中止、または内容が変更となる場合があります。


ここではOHBで行われる最初のビッグイベント「六月祭」を紹介します!

【六月祭って?】
 六月祭は新入生が入部してから最初に行われるビッグイベントです。部員同士の交流や放送技術の向上を目的としています。ざっくりと説明すると、制作班・放送班・技術班の3つにそれぞれ分かれてゲーム企画の運営やラジオの公開収録をするというイベントです。新入部員はOHBに入部してから六月祭までの間、毎週水曜日と土曜日に行われるゼミでそれぞれの中で基本的な技術について学びます(例:企画制作の方法・アナウンスやイベント司会のコツ・音響機器の使い方等)。六月祭とはこのゼミで学んだことを他の部員や先輩方に披露する場であり、イベント参加や運営を通して部員同士の仲を深める場でもあります。

【六月祭のお楽しみポイント】
 六月祭では、参加者が2チームに分かれてミニゲームに挑みます。こちらのゲームは説明部分でも少し触れましたが、制作班が企画するものです。去年は格付けや早口言葉リレーなどでした。それぞれのゲームごとに各チームに点数が加算され、最終的に総得点が高い方のチームが勝利となります。チームの勝利を目指して一致団結してゲームに取り組む、青春そのものですね~! 今年の六月祭も楽しみです!

六月祭 風景

【部員紹介について】
 はい、タイトルの通りです。六月祭のコーナーの一つとして、部員紹介があります。入部したての頃は、他の部員の顔・名前・所属している班・学年や学部など、なかなか覚えられないですよね…。筆者も苦労しました。でも大丈夫です。六月祭では一人一人が全員の前で自己紹介をする時間があります。司会の人からのちょっとしたインタビューもあり、自身のことをアピールするチャンス且つ他の人についてもっと知るチャンスです! あんまり緊張しなくても大丈夫。受け答えが上手くできなくても、他の部員たちのガヤやトークが救ってくれます。


 ここまで述べたように、六月祭には楽しい点がたくさんあります。しかし六月祭というイベントを楽しいものにするためには、部員同士の協力とイベントに向けての綿密な準備が不可欠です。制作・放送・技術のどれが欠けても六月祭は成り立ちません。制作班は企画の考案や本番の時間管理、放送班は司会進行を務め、技術班はマイクやミキサーなどの機材を扱います。新入部員の皆さんにもどれかを担当してもらうことになりますが、安心してください。頼れる先輩達がついています。わからないことは何でも聞いてください。みんなで力を合わせて頑張りましょう!


 私たちOHB部員と一緒に六月祭の興奮を味わいましょう!! 皆さんの入部を心よりお待ちしています!!!

六月祭全体

戻る