公認クラブ(津島)

 

Oboe

Oboe

パート紹介写真

 (ある金曜日…)
あれ?どこからか哀愁漂う素敵な音が聴こえてくる…この部屋からだ!
”オーボエパート、魅惑的なオーボエの音色にご注意を”

コンコン「おじゃまします、見学にきました」
『オーボエパートへようこそ!!』
「この楽器がオーボエですか?」
『そうです、この黒くて細いのがオーボエという楽器。他にもコールアングレといった仲間もいますよ』
「オーボエの音ってなんか独特な響き…」
『それがオーボエの一番の魅力!オケではソロ(独奏)がとってもたくさん。ここぞ!って時にオーボエの音色が使われます。長いメロディで主役になれるよ!』
「<白鳥の湖>冒頭の有名なメロディも…オーボエですか?」
『正解!他にもたっくさんオーボエは綺麗なソロがあるので是非オケに入って知ってほしいな!』
「たしかオーボエは世界一難しい木管楽器、だとか…」
『オーボエは息のコントロールが難しかったり、リードなどの調節に手間がかかったりするからかな。でも心配はいりません!初心者でも先輩達が丁寧に指導します。』
「リードといえば”のだめカンタービレ”というドラマで、オーボエ奏者の黒木君が、”しまった!リードを水に浸けすぎた!”とか言ってましたね(笑)」
『リードはもともと植物から作られていて、湿度などに敏感なんです、黒木君の焦りはよくわかります…。私たちは、そんなリードを自作しています!ほとんどの人が製作初心者からだから安心ですよ。物作りが好きな人は楽しいかもね^^』
「黒木君、のだめに恋をしたら音色が変わっていましたが、そんなことありますか?」
『…う~ん、ワカラナイ(/ω\)』


オーボエパートは現在、4回生2名、3回生2名、2回生1名の、計5名で活動しています。そのうち2名はなんと大学からオーボエをはじめました!
経験者、初心者問わず大歓迎です、毎週金曜日の18:30からパート練習を行っていますので、是非見学に来てくださいね♪

サークル勧誘サイド画像

新入生のみなさんへ
サークル活動に興味がある人もない人もまずこれを読んでおきましょう!